STEP. 1  ご相談
完全無料

(株)桜木組の家づくりの進め方や考え方、商品が信頼できるかどうかが、家づくりで最も大切な要素。
まずは、理解を深めていただくために、(株)桜木組の考え方をご説明いたします。不明点は納得いくまでご説明いたします。

STEP. 2  ライフプラン・資金計画
完全無料

まず、ライフプランや思い描かれている「理想の暮らし」のイメージをお聞かせください。
また、併せて重要なのが資金計画。
負担のない資金計画(住宅ローン等)や税制について、㈱桜木組がしっかりサポートいたします。

STEP. 3  敷地の確認・土地探し
完全無料

土地をお持ちの場合は、より効果的に敷地を活用するために、敷地の形状、地盤強度の計測などの敷地調査を行います。
また、土地をお持ちでない場合は、株式会社桜木組のネットワークでニーズにあった土地をご提案します。

STEP. 4  間取りの確認
完全無料

土地をお持ちの場合は、より効果的に敷地を活用するために、敷地の形状、地盤強度の計測などの敷地調査を行います。
また、土地をお持ちでない場合は、(株)桜木組のネットワークでニーズにあった土地をご提案します。

STEP. 5  プランの提案・お見積り提出
完全無料

これまでにお聞かせいただいたご要望や敷地調査をもとにして、
ニーズにあったプランのご提案、お見積もりを提出いたします。

STEP. 6  インテリア・外溝等(証明・カーテン)のご相談

着工までに、展示場や、豊富な色見本があるリビングサロンなどで、
インテリアコーディネーターなどの専門家と共にインテリアや外構などを決定していきます。

STEP. 7  ご契約

ご提案内容に納得いただければ、ご契約させていただきます。
また、住宅ローン等のお申し込みも、ご契約時に㈱桜木組が代行いたします。

STEP. 8  着工・基礎工事

建物を支える基礎工事を行います。
建物ができあがると見えなくなる基礎部分になるので、ぜひ現場に足を運んでいただき、
意見や疑問点などがあればどんどん質問してください。

STEP. 9  上棟

建物の構造躯体が完成して、屋根がかかります。
工場で均一に生産し、厳しい検査を受けた質の高い部材です。
仕上がりをご確認いただくため、ぜひ現場に足を運んでいただき、意見や疑問点があればどんどん質問してください。

STEP.10 各種工事

内装・外装・外構などの工事を行います。各工事の節目ごとには立ち会うようにしていただき、
図面確認や内容・仕上がりをご確認していただきます。

STEP.11 竣工

いよいよ建物が完成です。
㈱桜木組の品質管理部門とお客さまによる検査(建具の開閉はスムーズか、照明や設備機器はちゃんと動くかなど)を
念入りに行います。

STEP.12 引き渡し・入居

おめでとうございます!いよいよ新居の引き渡しです。
登記については㈱桜木組が登記代理業者への申し込みを代行いたします。

STEP.13 アフターサービス

長く住む家だから長期保証や定期点検もしっかり行います。
またリフォーム時にも㈱桜木組がお手伝いします。建てた後も長いお付き合いをさせていただきます。

STEP. 1  解体工事・整地

家を建てる敷地は、既存の建物や障害物等、何もない地面でなければいけません。
敷地をこうした状態に整えることを更地にするといいます。
新しい敷地に家を建てる場合、この作業は既に済んでいるはずです。
建替えの場合は、古い家を壊す解体工事が必要となります。
この解体工事の際は、解体後整地し工事へと入ります。

STEP. 2  地縄張り

地縄張りは、木造建築に独自の過程で、建物の外周と内部のおもな部屋予定スペースの中心線上に縄や、ビニールひもを張り、建物の位置を地面に表すことで「縄張り」ともいう。
角々には地杭(じぐい)を打つ。普通の住宅工事なら、大矩(おおがね)などで垂直を出す。この地縄張りが終わってから、地鎮祭を行う。

STEP. 3  地鎮祭(近隣挨拶)

地鎮祭は工事に先立ち土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建物の末永い加護を願う祭りです。1週間前までには打ち合わせをして、御要望に合わせ神主様を御紹介致します。あわせて近隣への挨拶も行います。

STEP. 4  基礎工事

基礎工事とは、家が傾いたり沈んだりしないように建物の荷重を偏りなく直接地盤に伝える役を担う
「基礎」を築く工事です。「基礎」には、ベタ基礎を基本としています。
木造家屋でもこの部分は鉄筋コンクリート造とし床下の防湿対策を兼ねたつくりになっています。

STEP. 5  建て方

建て方は、住まいのサクラギの棟梁や親方達が一同に集まり、構造材を一つ一つ組み、家の形を造ります。柱や梁が、2日間程で棟梁の力と技で立派な佇まいに施主様も家づくりを実感できます。

STEP. 6  上棟式

「上棟式」は建前(タテマエ)とも呼び、無事棟(むね)が上がった事に喜び、感謝するものです。
上棟式は「儀式」というよりも施主が職人さんをもてなす「お祝い」と言えます。
工事に関わった人が一同に会し今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家をつくり上げていこうとする意思表示の会でもあります。

STEP. 7  屋根工事

屋根工事は、雨の多い日本の住宅にとっては、要といってもいい部分の工事です。
屋根工事は、木工事の段階と外装工事にまたがって行われ、一般に屋根の形が切妻から寄せ棟や方形になるほど、施工手間もかかり、コストもアップします。
また、屋根勾配がきつくなると、屋根面積が増加し、やはりコストアップにつながる事があります。

STEP. 8  木工事

木工事とは、木造住宅の建築過程で最も重要な工事で構造部分も含めて、
家の骨組みを造っていく工事です。木工事は大きく四段階に分けられる。

1. 土台から柱を立ち上げ、梁、桁など横木を渡し、主要な骨組みを作る。
2. 筋違い(筋交い)や間柱、小屋組みや床組みを施す。
3. 壁、屋根の下地を施し、サッシやドアを設置する。
  ガス、水道、電気などの配管配線工事も同時に行います。
4. 外部では瓦を葺き外壁を施し、内部では断熱材の充填をし、内装の下地を施す。

STEP. 9  中間検査

中間監査とは、
1. 安全な建物を実現するために工事の中間段階で検査を実施し、
  基準を満たしていることを確認します。
2. 建物の構造の安全性を事前に確認するのが主な目的です。
3. 中間検査に合格した建物は「中間検査合格証」を交付します。

STEP.10 設備工事

設備工事は、キッチンやトイレ、洗面所といった排水や給水を取り付ける工事で、
温水器やエコキュート・ガスボイラー等も設備工事で行います。
敷地の形状や住宅に合わせ工程を上手く調整し行う工事です。

STEP.11 外構工事

外構工事は、歩道や道との境界に作る塀や生け垣、玄関へのアプローチ、駐車場や門扉、花壇や庭の大枠を外構工事と言います。(見積に含んでいる外構)その他にも、飛び石や砂利敷き、土地の水勾配やU 字溝、人孔(マンホール)やメーター類の移設も外構工事になります。

STEP.12 設備器具工事

キッチンの流し台、ガス台、調理台などの台所機器を初め、洗面化粧台や浴槽、照明器具、換気扇などの住宅什器を備え付ける工事。設備機器工事は、「器具取り付け」の段階、つまり仕上げの直前の工事と言うことになります。

STEP.13 駄目工事

駄目工事は、ほぼ工事が完成している状態で、部分的に未完成の部分や補修が必要な箇所が残っていること。その箇所の必要な手直しをし、完成させることを「駄目直し」(駄目工事)という。

STEP.14 完了検査

完了検査とは、
1. 完了した建物が適法に建築されているかを現場で確認します。
  建物の工事が完了した時は完了検査を受けなければなりません。
2. 検査終了後、手直し等を行いまして完成引渡の日時を決定いたします。

STEP.15 完了・引き渡し

建築工事がすべて完了し、地方公共団体の完了検査に合格して「工事完了検査済証」が交付されると、
「引き渡し」の手続きが行います。
これは、住まいのサクラギから施主様に引き渡される手続きのことで、竣工検査で指摘した不具合が
ちゃんと手直しされているかなどを確認いただき、設備の取扱の説明や鍵を御引渡します。
住まいのサクラギでは、オリジナルの催しで、素敵な家のお誕生をお祝いします。